ナイトブラ 筋肉痛 原因

ナイトブラで筋肉痛になる原因とは?

 

ナイトブラ,筋肉痛,原因

 

ナイトブラを着用して寝て、痛かったり違和感が残ったりしたら筋肉痛の可能性があります。

 

ナイトブラを着用して筋肉痛になる原因は、今までノーブラ派だった人が睡眠中のバストの締め付けに慣れていないためです。

 

着用しているナイトブラのサイズが合っていなかったり、ナイトブラによるバストアップの効果が出始めている証拠です。

 

筋肉痛が起こるのはバストアップの効果が出ている証拠であるため、あまり神経質にならなくても大丈夫です。

 

痛みは日常生活に支障が出るレベルではなく、胸の土台になる大胸筋が刺激されているサインであるため気にする必要はないです。

 

個人差があるが、ナイトブラでの筋肉痛は1週間程度で良くなってきます。

 

ナイトブラで寝るのが慣れてくると、痛みを感じにくくなります。

 

快適に寝ながら、バストアップ効果を期待出来ます。

 

辛い筋肉痛でも、バストアップ効果が得られたり美バストを得られたりすると考えると苦痛ではなくなります。

 

バストアップの効果が出ていてもあまり痛みが強いと、快眠が出来ないため辛くなります。

 

ナイトブラでの筋肉痛を和らげるには、自分のサイズに合ったナイトブラを着用する事です。

 

サイズがきつすぎると、胸が締め付けられて筋肉痛の症状が悪化します。

 

寝心地を良くするために、ピッタリとフィットするナイトブラを着用します。

ナイトブラを着けるとかゆい原因

ナイトブラ,筋肉痛,原因

 

ナイトブラがかゆい原因は、素材や縫製が合っていないです。

 

ナイトブラは肌に直接触れるもので、素材や縫製が合わないと肌に影響が出やすいです。

 

このような場合には、肌に優しいナイトブラを選ぶ事です。

 

素材はオーガニックコットンやシルクが最適で、特にシルクは肌触りが良いだけではなく体温調節機能にも優れています。

 

寝ている時でも汗を掻くため、蒸れやすいナイトブラを使っているとあせも等が出来てかゆくなる場合があります。

 

暑い時期にはメッシュ素材等通気性に優れているナイトブラを選んで、速乾性に優れている特殊素材や触れるとひんやりとする冷感素材を使ったナイトブラもおすすめです。

 

バストの下部は汗を掻きやすい部分であるため、そこに入れるパッドの吸水性や通気性にはこだわります。

 

ナイトブラのサイズが合っていないと、体とブラジャーの間に摩擦が起きてしまいます。

 

小さ過ぎる場合はナイトブラが食い込んで、大き過ぎる場合は寝返りを打つ度にずれてしまいます。

 

摩擦も、かゆみの原因になります。

 

サイズをきちんと測ってから購入をして、適度に胸をサポートして体の動きにしっかりとフィットしてくれるナイトブラを選びます。

 

元々肌が弱くて乾燥肌の人は、かゆみを引き起こしやすいです。

 

着用する前に、丁寧に保湿をします。

ナイトブラを敏感肌の人が着用する時の注意点

ナイトブラ,筋肉痛,原因

 

敏感肌の人がナイトブラを着用する場合は、天然繊維が素材に使われているものを選びます。

 

天然繊維には綿やシルク等が代表的で、綿は吸湿性が良く夏は涼しく冬は暖かく1年中使える素材です。

 

シルクは肌触りが良く、綿と比べると高価で吸湿性も保温性も優れています。

 

天然繊維とは反対に、人工的に作られているのはアクリルやナイロンやポリエステル等の化学繊維です。

 

化学繊維は速乾性があり、汗を掻いた時や洗濯には最適です。

 

速乾性は肌の水分も吸収して乾かすため、敏感肌の人は注意が必要です。

 

しかし天然繊維の素材を選ぶと肌トラブルが起きないわけではなく、綿は吸湿性が良いが速乾性が悪く特に夏は汗を掻く事で湿った状態になり雑菌が発生しやすい環境になりやすいです。

 

これで肌トラブルを引き起こす事があり、敏感肌の人は注意をします。

 

シルクの場合はシルクアレルギーの人がいて、稀ではあるがアレルギー反応を起こしてしまう場合があります。

 

またデリケートな素材であるため、手入れが大変であるという難点があります。

 

しかしシルク素材のナイトブラは販売されていないため、シルクに関しては心配はいらないです。

 

化学繊維でも肌に触れる部分は綿素材で、バストの部分は化学繊維の両方を組み合わせて作られているものがおすすめです。

 

縫い目やタグが刺激になる事があるため、素材だけではなく縫い目やタグにも注目をして選びます。

ナイトブラで型崩れを防ぐには

ナイトブラ,筋肉痛,原因

 

寝ている間のバストは、色々な形になります。

 

ブラジャーをしている昼間はある程度形をキープ出来るが、ブラジャーを付けていない状態では色々な形になります。

 

それがバストの型崩れの原因になり、バストが型崩れが一番起きやすいのはノーブラで寝ている時です。

 

ブラジャーを付けないで寝ていると、寝返り等でクーパー靭帯というバストが垂れないように支える繊維の束が傷付いて切れたりします。

 

こうなると、胸が垂れたり流れ乳になったり形が崩れたりします。

 

脂肪は流動性の高い物質で、ブラジャーを付けないで寝ていると脂肪が横に流れてぺたんこのバストになってしまう可能性があります。

 

バストがだんだんと小さくなり、形まで崩れてしまいます。

 

それを防ぐにはナイトブラは便利で、ナイトブラでバストの位置をキープするとクーパー靭帯を保護して脂肪が他の部位に流れないようにします。

 

バストが離れ乳になって横に流れたり、バストが潰れるのを予防出来ます。

 

美乳になりたい人は、ナイトブラをするのがおすすめです。

 

男性は大きさを重視している人は多いが、形を重視している人も多いのも事実です。

 

ナイトブラを選ぶ時には、ノンワイヤーで綺麗な形をキープしてくれるものを選びます。

ティアナイト(TiANIGHT)ナイトブラの通販購入はこちら!トップページへ小さなバストがコンプレックスの方、綺麗な美バストを目指してみたい方は、トップページでティアナイト(TiANIGHT)ナイトブラの詳細をチェックしてみてください。