ナイトブラ 正しい付け方

ナイトブラの正しい付け方とは?

ナイトブラ,正しい付け方

 

夜寝ているときのバストは、上や横の方向にも重力がかかります。

 

全方向からバストを支えるナイトブラは美乳のための必須アイテムです。

 

ナイトブラはバストの肉が脇や背中に流れるのを食い止めます。

 

また、バストを支えて釣り上げているクーパー靭帯が伸びたり切れたりするのを防ぐ効果もあります。

 

しかし、正しく着用しなければ効果は半減します。

 

それでは、どのように着けたらいいのでしょうか?

 

ナイトブラは一般的に背中のホックがないので、スカートのように足から履きます。

 

バストを押し集めるために着圧性があり窮屈ですが、無理に引っ張らず慎重にバストまで持ち上げましょう。

 

肩紐に腕を通したら前かがみになり、脇や背中のぜい肉もカップの中におさめます。

 

できれば鏡などではみ出ている肉がないかチェックするようにしましょう。

 

上からかぶるように着ると肩の部分を通すので、生地をかなり伸ばすことになります。

 

伸縮性のある生地ですが、毎日の積み重ねで生地がすぐに傷んでしまう恐れがあります。

 

効果も薄くなるので、長持ちさせるためにも足から履いて、足から脱ぐことを心がけましょう。

 

人は一晩で何度も寝返りをうつので、思っている以上にバストに負担がかかっています。

 

ナイトブラを正しく着用することで、寝ている間のバストをしっかり支え、ハリのあるバストをめざしましょう。

ナイトブラの利点と欠点について

ナイトブラ,正しい付け方

 

ナイトブラの利点は、バストの横流れを防いでバストアップ効果をもたらしてくれます。

 

バストのほとんどは脂肪で出来ていて、立っている時はバストは上下に揺れるが寝ている時はバストは左右に揺れます。

 

うつ伏せや仰向け等の就寝時の体勢により起こるバストの横流れを防がないと、バストの脂肪が脇や背中に流れ放題です。

 

実はバストの脂肪は脇肉等のその他の贅肉と同じ脂肪で、夜のバストをそのまま放っておくとバストから流れた脂肪が脇肉や二の腕やお腹の肉として生まれ変わります。

 

寝る時にノーブラや夜用に向いていないブラを着用すると、クーパー靭帯を傷付けてしまう場合があります。

 

傷付いてしまうと、バストの形にも影響してしまいます。

 

バストは24時間動き続けているため、絶えず重力がかかっています。

 

このため、バストは昼だけではなく夜もしっかりと守る必要があります。

 

就寝時には自らの体重で、バストを押しつぶしてしまう可能性もあります。

 

ナイトブラを着用すると、就寝時のバストにかかる負担を軽減出来てクーパー靭帯も守れます。

 

ナイトブラの欠点は、サイズの表記がS・M・Lになっています。

 

日常に使うブラのサイズ表記は、A・B・Cカップで表されています。

 

自分に当てはまる、サイズ選びが難しいです。

 

ナイトブラは基本的には、就寝時に着用するように作られています。

 

機能面を考えると、昼間にナイトブラを着用するのはおすすめ出来ないです。

ナイトブラで脂肪を形状記憶させる

ナイトブラ,正しい付け方

 

ナイトブラは、脇や背中に流れた脂肪をバストに集めてくれる作用があり、ナイトブラを着けている時だけの作用で一時的であると思っている人が多いです。

 

しかし嬉しい効果として、脂肪は形状記憶します。

 

脂肪は色々な場所に移動しやすいものであり、ナイトブラを着けて寝ていると、バストの形をキープするためバストに集まった脂肪がそのままの形で記憶されます。

 

つまり、胸が大きくなります。

 

脇や背中に余分な脂肪があれば、ナイトブラでバストアップも可能です。

 

ナイトブラを着用する事で、脂肪の移動を食い止める事が出来ます。

 

美しいプロポーションを保つためには、ナイトブラを着用するのは早い程良いです。

 

寝ている時のバストは無防備で、しっかりと支えないとバストの脂肪も脇や背中に流れていきどんどん貧乳になってしまいます。

 

更に脂肪と乳腺を支えているクーパー靭帯が伸びてしまい、垂れ乳や離れ乳の大きな原因になります。

 

貧乳や垂れ乳や離れ乳を予防する効果があるのは、ナイトブラです。

 

形状記憶のナイトブラには、セレブリッチナイトブラがあります。

 

背中の肉や脇肉のもったいないお肉も全部バストに行き、育乳をするならこのナイトブラを着けて寝るのがおすすめです。

ナイトブラを着用すると健康に悪いのか?

ナイトブラ,正しい付け方

 

ナイトブラを着用すると乳がんになりやすいと言われているが、それはナイトブラを着用すると寝ている間もブラジャーを着用する事になり日中も夜も使用して着用時間が12時間を超えてしまうためです。

 

ブラジャーで乳がんのリスクを高めるのは、ワイヤー等にリンパ系を強く締め付けている事が原因になっています。

 

締め付ける事でリンパの流れが悪くなり、老廃物が体の中に蓄積されがん細胞が生み出されます。

 

しかしナイトブラにはワイヤーは使用されていないため、強い締め付け感がないように作られています。

 

夜寝る時に着用すると着用時間は長くなるが、ナイトブラを着用した事で乳がんの発生リスクに結び付けるには早計です。

 

ナイトブラは日中に着けるブラに比べて、身体に優しい作りになっています。

 

着けている時も窮屈感がなく、体も楽になります。

 

このような特徴から、ナイトブラの着用が直接乳がんの発生リスクを高める心配はないです。

 

ワイヤーホックから解放されて、ストレスフリーの状態でバストを休ませながらしっかりと補正をしていきます。

 

大事な事は身体に無理な下着は、体型にも身体にも影響を及ぼします。

 

このため、購入する時にはきちんと採寸と試着をして確認をする事が大事です。

 

また昼間のブラを寝る時に着用するのは、避ける方が良いです。

ティアナイト(TiANIGHT)ナイトブラの通販購入はこちら!トップページへ小さなバストがコンプレックスの方、綺麗な美バストを目指してみたい方は、トップページでティアナイト(TiANIGHT)ナイトブラの詳細をチェックしてみてください。